あの日、あの時、わが町とくしまは・・・ 徳島大空襲デジタルアーカイブ

TARDATITLE.png

戦前から戦後にかけて、移りゆく徳島市中心部の風景を紹介。



写真



S200000833旧橋を歩行する市民昭和21年1月29日.jpg
新町橋(旧橋)を歩行する市民(昭和21年1月29日)
資料提供/徳島県立文書館

S200000818進駐軍のシンボルだったジープ昭和21年.jpg

S200001542.jpg
上/進駐軍のシンボルだったジープ(昭和21年)
資料提供/徳島県立文書館

下/戦後初めての阿波踊り(昭和21年8月)
資料提供/徳島県立文書館

S200000820戦後まもなくの盆踊り蔵本マーケットにて昭和21年ころ.jpg
戦後まもなくの盆踊り蔵本マーケットにて(昭和21年頃)
資料提供/徳島県立文書館

S200001543.jpg
戦後初めての阿波踊り(昭和21年8月)
資料提供/徳島県立文書館



S200001155.jpg
新町橋上より天神社方向(昭和24年8月13日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001091.jpg

S200001090.jpg
上/駅前より元町をのぞむ(昭和24年7月9日)
資料提供/徳島県立文書館

下/駅前より新町方面をのぞむ(昭和24年7月9日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001588.jpg

徳島駅前を走るトレーラーバス(昭和24年頃)
資料提供/徳島県立文書館

S200000834現大工町ロータリー付近より新町橋をのぞむ昭和24年8月13日.jpg

現大工町ロータリー付近より新町橋をのぞむ(昭和24年8月13日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001007.jpg
新町橋通一丁目より眉山をのぞむ(昭和24年8月13日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001196.jpg

S200001201.jpg
上/新町橋(新橋)工事中(昭和24年頃)
資料提供/徳島県立文書館

下/新町橋開通(旧橋)(昭和24年1月29日)
資料提供/徳島県立文書館



S200001199.jpg
新町橋北詰(昭和25年頃)
資料提供/徳島県立文書館

S200000836.jpg

S200001194.jpg
上/新町橋より城山をのぞむ(昭和25年頃)
資料提供/徳島県立文書館

下/まるしん( 昭和25年1月20日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001092.jpg

徳島駅前広場 斜線道路より駅前広場をのぞむ(昭和25年5月9日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001093.jpg

徳島駅前広場 斜線道路より駅前広場をのぞむ(昭和25年5月9日)
資料提供/徳島県立文書館

S200000835まるしん.jpg

新町橋より新町を望む(昭和25年1月20日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001004.jpg

新町橋より新町を望む(昭和25年1月)
資料提供/徳島県立文書館



S200001433.jpg

新町橋北詰より東船場を望む(昭和27年頃)
資料提供/徳島県立文書館

S200001197.jpg

新町橋より眉山をのぞむ(昭和27年頃)
資料提供/徳島県立文書館

S200000837.jpg

新町川畔緑地(昭和27年頃)
資料提供/徳島県立文書館

S200000845.jpg

ワシントン椰子の移植(昭和28年6月)
資料提供/徳島県立文書館

S200001202.jpg

新町橋 四国放送 新町チェーン(昭和28年頃)
資料提供/徳島県立文書館

S200001589.jpg

橋車になるトレーラーバスの前で記念撮影(昭和30年11月)
資料提供/徳島県立文書館



S200001379.jpg

開票速報版 新町橋南詰(昭和31年6月)
資料提供/徳島県立文書館

S200001582.jpg

女機関士(昭和32年)
資料提供/徳島県立文書館

S200001584.jpg

駅前タクシー(昭和32年)
資料提供/徳島県立文書館

S200001583.jpg

眉山 花見バス(昭和32年)
資料提供/徳島県立文書館

S200001580.jpg

徳島市役所前のバス(昭和32年)
資料提供/徳島県立文書館

S200001464.jpg

新町橋(昭和32年)
資料提供/徳島県立文書館

S200001473.jpg

新町川 水上スキー(昭和32年)
資料提供/徳島県立文書館

S200001585.jpg

徳バス新年準備(昭和32年)
資料提供/徳島県立文書館



S200001084.jpg

駅前広場現況(昭和34年6月13日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001200.jpg

新町橋より駅前(昭和34年6月13日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001086.jpg

駅前広場現況(昭和34年6月13日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001089.jpg

駅前広場現況(昭和34年6月13日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001144.jpg

四号緑地 新町川畔公園 新町橋(昭和34年頃)
資料提供/徳島県立文書館

S200000993.jpg

天神社からの風景( 昭和34年)
資料提供/徳島県立文書館

S200001142.jpg

新町川畔公園(昭和34年頃)
資料提供/徳島県立文書館

S200001145.jpg

新町川畔公園 新町橋(昭和34年頃)
資料提供/徳島県立文書館

S200000994.jpg

丸新からの風景(昭和34年)
資料提供/徳島県立文書館

S200001087.jpg

駅前広場現況(昭和34年6月13日)
資料提供/徳島県立文書館

S200001204.jpg

新町橋から四国放送を望む(昭和33年4月5日)
資料提供/徳島県立文書館



S200001203.jpg

ドライブウェイより新町をのぞむ(昭和35年2月)
資料提供/徳島県立文書館

S200001198.jpg

完成後の新橋と旧橋(昭和35年頃)
資料提供/徳島県立文書館

日東航空は1952年4月2日、日本観光飛行協会として設立、1959年3月1日、日東航空株式会社に社名変更し、日本国内を小型の飛行艇(水陸両用機)を使用した定期旅客便を運航していた航空会社。本社は大阪市北区に置き、1955年1月1日に大阪 - 白浜線にて路線事業を開始。大阪国際空港を中心に、遊覧飛行として南紀や瀬戸内方面へ運航。1960年からは大阪 - 徳島 - 高知間に定期便を運航し、南紀白浜や串本、志摩(三重県)、新居浜(愛媛県)、別府などにも不定期便を就航させていた。水陸両用機は、空港のない都市であっても離着陸できる海面さえあれば就航できるメリットがあった。 
S200001592.jpg
日東航空の飛行機(昭和36年)
資料提供/徳島県立文書館

S200001591.jpg

S200001603.jpg
上/日東航空の飛行機つばめ(昭和36年)
資料提供/徳島県立文書館

下/日東航空の飛行機( 昭和36年)
資料提供/徳島県立文書館